美味しいもの探しの海外旅行街歩き!chiyoの旅

海外旅行好きのchiyoの旅行Blog!役に立った情報・商品などもご紹介!!

KLセントラル駅からモノレールでブキッビンタン駅へ @ クアラルンプール

[目次]

モノレールに乗る

KL Sentral駅でモノレールに乗るには

KLセントラル駅からモノレールでブキッビンタン駅

電車に乗るには、当然お金を払わないといけません。

自動販売機がありますので、そこでチケットを購入です。

行き先はBukit Bintang

KLセントラル駅からモノレールでブキッビンタン駅

「Bukit Bintang駅」は5つ先の駅です。

モノレールに乗るためのトーク

KLセントラル駅からモノレールでブキッビンタン駅

先ほどの自動販売機で切符を買うのですが、それがこのプラスチック製のトークンになります。

自動販売機で、お金を入れて自分の行きたい駅を選ベばOKです。

日本の鉄道用のカードもありますが、売っている駅とそうでない駅があるので、日本のようにどこの駅でも買えるものではないようです。

モノレールの車内

KLセントラル駅からモノレールでブキッビンタン駅

モノレールの車内はこんな感じ。

ポップで鮮やかなグリーンの車両というのが、とてもかわいらしいですね。

モノレールの車窓から・・・

KLセントラル駅からモノレールでブキッビンタン駅

 KLセントラル駅からブキッビンタン駅の間はクアラルンプールの中でも、かなり中心街なので、開発がすごい!

それも7年前に来た時には、こんなに高い建物なかったと思うんだけど・・・。

 

KLセントラル駅からモノレールでブキッビンタン駅

こちらは大きい建物の建設現場。ショッピングモールにでもなるんでしょうか??

 

KLセントラル駅からモノレールでブキッビンタン駅

こちらには高層ビルがいくつも出来て来ています。

ホテルなのか、もしかしてマンションのような住宅なのでしょうか!?

建設ラッシュなくらい、あっちこっちが工事現場!!

ブキッビンタン駅に到着!

KLセントラル駅からモノレールでブキッビンタン駅

7年前に宿泊したのも、この駅の近くだったのでこの駅は使っていたのですが、その時は結構工事をしていたりしていたので、こんなにキレイではなかったと思います。

 

KLセントラル駅からモノレールでブキッビンタン駅

ホームドアも出来ていて、安全です。

当時はこんな感じでした。

www.travel-chiyo.net

 

KLセントラル駅からモノレールでブキッビンタン駅

割と利用者は多いのですが、全て階段というお年寄りや荷物を持っている人にはあまり優しくない。笑

とにかく暑いので、車両から降りると汗が吹き出すのですが、駅のホームは大きな扇風機が回っています。

 

KLセントラル駅からモノレールでブキッビンタン駅

改札から出ると駅直結のショッピングモールが見えてきます。

とにかく7年前とはこれらのショッピングモールもなかったし、駅の西側はとにかく工事中のビルばかりだったに、今はショッピングモールやら店舗の入っているビルがたくさん出来ていました!

ブキッビンタン(Bukit Bintang

クアラルンプール国際空港(KLIA)からKL Sentral駅へ @ クアラルンプール

[目次]

クアラルンプール国際空港へ到着!

まずは中心地へ移動は「KLIA エクスプレス」で

いわゆるクアラルンプールの空港線「KLIA エクスプレス」が断然便利です!

ちなみにマレー語で「KLIA Ekspres」と書いてありますので、わかりやすいです。

クアラルンプール国際空港(KLIA)からKLIAエクスプレスへ

「KLIA ekspress」はKL Sentral駅へ直行。「KLIA train」は何箇所か停車する電車になります。

 

クアラルンプール国際空港(KLIA)からKL Sentral駅へ

このように色分けされているので、わかりやすいですね。

私たちは「KL Sentral駅」へ早く行きたいので、この紫色のようなピンクの方へ。

  

クアラルンプール国際空港(KLIA)からKL Sentral駅へ

最近の東南アジアの地下鉄や、空港線の駅はこのように列車が来るまでドアが開かないようになっているので、日本のようにホームへの落下事故はほとんどないんでしょうね。

クアラルンプール国際空港(KLIA)から電車で街中まで(動画)


クアラルンプール国際空港(KLIA)からKLIA Expressに乗ってみた!

KLIA エクスプレスに乗っての車窓はこんな感じです。空港の近くはヤシの木が多く、ザ・東南アジアな感じがします。

やはりこういう風景をみていると、ワクワクしますね!

KL Sentral駅に到着!

7年前に一度クアラルンプールには行っているし、その時にはKL Sentral駅を何度も利用したので、知っている場所へ行くくらいのつもりでいました。

www.travel-chiyo.net

しかし、私の知っているKL Sentral駅ではなかった!!!

確かに当時、工事などもあちこちでしていたな・・・と思い出しましたが、東南アジアの7年は全く違う場所でした。。。

 

KL Sentral

このあたりはそんなに変わっていなかったかな。

KL Sentral

あれ、少し変わったかな?

ちょっと明るい感じになった気がする。。。

モノレールや地下鉄乗り場、どこだっけ?

KL Sentral

なんとここまで来ると、表示に日本語が書いてるじゃないですか!!

日本人観光客が多いのがわかります。ブルネイでは中国語だったのに。

KL Sentralの駅直結ショッピングモール「NU Sentral」

KL Sentral駅

 そういえば、ここは7年前工事をしていたんだ!

駅直結の大きなショッピングモールが出来ていた!!

元々乗り換えをする中心的な駅だったので人は多かったけれど、このショッピングモールが出来たからだと思いますが、輪をかけて人が多かったように思います。

こんなに変わっていると、思わず大興奮しちゃいます。

7年前はあちこち工事をしていたので「大きいけど暗い駅」というイメージでしたが、暗い駅なんてイメージは微塵もありませんでした。

モノレール乗り場へNU Sentralの中を通ってみた

KL Sentral駅でモノレールへ乗る

もしかすると、別のルートがあったのかもしれないのですが、ショッピングモール「NU Sentral」の中を通って、モノレールの駅に向かいました。

ちゃんと表示を追いかけていけば、迷子にはまりません。

 

KL Sentral駅でモノレールへ乗る

あちこちにきちんと表示がありますが、意外と距離があります。

 

KL Sentral駅でモノレールへ乗る

エスカレーターをおります。

このエスカレーターは「C」のエスカレーターということでしょうか??

 

KL Sentral駅でモノレールへ乗る

エスカレーターを降りたら、あとちょっとでモノレールの駅に到着します。

ショッピングモールは冷房がしっかり効いているので、ちょっと距離があってもそんなに苦にはなりませんでした。

そして、この先にモノレールの駅がありました。

モノレールの駅につくと、いきなり暑かった!!

 

KL Sentral Station

ブルネイ国際空港からマレーシア クアラルンプールへ @ブルネイ

<目次>

ブルネイ国際空港

保安検査所を通って出国手続き終了!

ブルネイ国際空港

入ってくるといきなりラウンジの表示が出てきますが、入り口はもっと先の方にある螺旋階段を上がります。

www.travel-chiyo.net

免税店もいろいろ

ブルネイ国際空港の免税店

お土産を買う免税店がありますが、他の国の大きい空港のような免税店がひしめき合っている感じとは全く違います。

多分中国の人が来られる事が多いのか、やはり中国語の表記はあちらこちらに見られます。

また中国人が欲しがるようなものが多く扱っている気がします。

 

ブルネイ国際空港 免税店

サプリメントのような物も売っていますし、チョコレートのようなお菓子まで。

 

ブルネイ国際空港 免税店

こちらは「Made in Brunei」の物を扱っているお店。化粧品などがあります。

国が小さいので、ブルネイ国産のものはそんなに多くなく、街中のスーパーで商品を見ると、近くのマレーシアやインドネシアなどの商品が多かったですね。

なかなか「Made in Brunei」を見つけるのは大変でした。

 

ブルネイ国際空港 免税店

ビーチサンダルや帽子などのショップ。

そういえば、ブルネイは小さい国なのと、イスラム教の国だからか、リゾートビーチというのはきいた事がないですね。

表示は英語とアラビア文字

ブルネイ国際空港 ラウンジ

アラビア文字ですが、これはマレー語のアラビア文字です。

アラブ語とは違うようです。私は全く読めませんが。笑

UAEに行った時もミャンマーでもラオスでもそうでしたが、見慣れない文字を見るとワクワクしますね〜〜

ブルネイ国際空港

大体、トイレや車椅子マークは世界共通なので、文字の説明がなくてもわかりますが、ブルネイだと「Medical Clinic」が月マークなんですね。

Prayer Roomも、場所によってはお祈りする人のマークですが、ブルネイではモスクの屋根(ドーム)の表現なんですね。

ラウンジはゲートが見える高いところ

ブルネイ国際空港 ラウンジ

このオレンジのいすがゲート前のいすです。

その上にラウンジがあるので、ゲートがオープンしてから出てきても間に合いますね。

 

ブルネイ国際空港

広いように見えますが、ゲートが少ないので、広い空港のようにゲートを間違えたら1キロ近く走らないといけないなんてこともありません。

クアラルンプールに向けて

ロイヤルブルネイ航空

飛行機にのります。

マレーシア航空の飛行機です。

ブルネイ国際空港 飛行機

3人・3人の1列6名の飛行機ですが、年末年始のお休みだったのに、かなり空席がありました。

どうもブルネイには年末年始にまとまったお休みはないようです。

ブルネイークアラルンプールの機内食

ブルネイ 機内食

2時間ちょっとのフライトです。

午前中のフライトなので、早いランチなのか、機内食が出てきました。

ランチボックスみたいですね。

こちらは中華風な味付けのチキン。チンゲンサイが大量に乗っています。w

 

ブルネイ 機内食

こちらはベジー系のメニュー。

厚揚げみたいな豆腐の加工品が醤油ベースの餡に絡めてあるものです。

こちらにもチンゲンサイとニンジンが入っています。

右側にはピーナッツとクッキー、ミネラルウォーターが入っています。

 ブルネイ国際空港からの離陸<動画>


ブルネイ国際空港からの離陸 2020.01.01

ここでブルネイの離陸動画ですが、ブルネイの地を見ると、東南アジアらしい緑が多い土地が広がり、その先には海が広がっていました。

ここでブルネイとはお別れです。

ブルネイ国際空港の唯一のラウンジ!?@ ブルネイ

ブルネイ国際空港のスカイラウンジ

ブルネイには国際空港が1つしかありません。

基本的には「ロイヤルブルネイ」のラウンジのようです。私はロイヤルブルネイには載りませんでしたが、「PRIORITY PASS」というカードを持っているので、そのカードで入れます。

比較的わかりやすい場所にありますが、なんと螺旋階段!

 ブルネイ国際空港の唯一のラウンジの入り口

こちらに書いてある通り、「スカイラウンジ」と「ロイヤルブルネイ ビジネスクラスラウンジ」が同じ場所にあります。

この階段を上がって、2階へ上がります。

そうすると受付があります。そこから右側が「ロイヤルブルネイ ビジネスクラスラウンジ」、左が「スカイラウンジ」になります。

 

続きを読む

空港敷地内にあるブルネイ国際空港モスク @ ブルネイ

ブルネイに来た時に、空港で「アザーン」が聞こえたのは、驚きました。

イスラム教の国に初めて来たわけではないのに、空港の中でアザーンを聞いたのは初めて。

www.travel-chiyo.net

それの理由は、空港の建物の横にこんな立派なモスクがあったからです!

空港内から見たモスク

ブルネイ国際空港モスク @ブルネイ

空港の敷地内なので、本当に隣の建物なんです。

それも青い空に映える、真っ白の建物にブルーの丸い屋根。美しいです。

 

建物には入れます

ブルネイ国際空港モスク @ ブルネイ

建物にはお祈りの方でなくても入れます。

 

ブルネイ国際空港モスク @ ブルネイ

イスラム教のモスクではお祈りの前に手や足を洗ったりするので、水場は必須ですね。

 

ブルネイ国際空港モスク @ ブルネイ

携帯電話なども、お祈りの場では当然使ってはいけません。

 

ブルネイ国際空港モスク @ ブルネイ

イスラム教をご存知の方はご存知かもしれませんが、お祈りの場所は男女別になっていますので、訪れた場合気をつけてください。

 

土足厳禁

ブルネイ国際空港モスク @ ブルネイ

「Please Take Off Your Shoes」とあります。

入り口に靴を置く棚もありますが、土足で入ってはいけません。また、靴もこの階段のところへ置いて行かないでくださいということのようです。

 

男性用のお祈りの場

ブルネイ国際空港モスク @ ブルネイ

こちらは「MAIN PRAYER HALL」とあります。

こちらでお祈りをします。一般的なモスクの作りだと、ここの扉を開くと広いお祈りの場が出てきます。

どうもお祈りの人がいそうだったので、今回中へ入るのは遠慮しました。

メインホールは、当然男性のみです。

 

美しい外観

ブルネイ国際空港モスク @ ブルネイ

こちらが外から見たモスクです。

あまりここのモスクについて、ネットで調べても詳しい内容はたくさん出て来ないのですが、「ブルネイ国際空港モスク」という名称がつき、空港敷地内にこんなに立派なモスクを作ったということは、海外から来たイスラム教徒のためなんでしょうね。

一般的な空港ですと、「PRAY ROOM」というお祈りができるスペースが用意されているくらいで、その場合はイスラム教徒のためだけではありません。

 

ブルネイ国際空港モスク @ ブルネイ

ですが、ブルネイの周りにはマレーシア、インドネシアなどイスラム教の国がありますし、中東からの観光の方もいるんでしょう。

私たちのような観光客からすると、空港にモスク!?と思いますが、イスラム教の方々からすると空港にもモスクがあるって、安心できる場所なんでしょうね。

 

ブルネイ国際空港モスク

立地抜群のホテル The Brunei Hotel @ ブルネイ

私のホテル選び

このブログの投稿を読んでいただいている方には、何度も出てくる話題ですが、私のホテル選びの第1優先は、立地です。

「便利な場所か?」「安全な地域か?」などを調べてから選びます。

もちろん価格や雰囲気などもありますが、私の旅の楽しみは「食」がかなりのウェイトを占めているので、素晴らしいホテルだけどホテルでしか食事が出来ないようなちょっと中心街から離れた場所というホテルは選びません。

時々、そういう場所に宿泊すると「夜なのに外がうるさい!」なんてことがありますが、それはそれでその国の雰囲気を感じられますので、気にしません。笑

ちなみにブルネイにも豪華ホテルは巨大プールやゴルフ場などがある7つ星の「エンパイアホテル」などもありますので、そういうホテルをお探しなら是非そちらへ。

空港からの移動

空港からの移動なのですが、ブルネイは電車などないので、基本的にタクシーです。

10kmあるかないかなので、タクシーでも15分程度なのではないでしょうか。

ブルネイの中でも外国人の利用者が多いホテルなので、タクシーカウンターで「ブルネイホテル」と言えば地図も見せずわかってもらえました。 

外観

立地抜群のホテル The Brunei Hotel  外観

こんな感じの割と低層のホテルです。

特別豪華な感じではありませんが、とてもシンプルなホテルです。

入り口

立地抜群のホテル The Brunei Hotel  入り口

しっかり清掃された綺麗なホテルで、エントランスも綺麗でした。

なぜか入り口にNETFLIXの広告の入った幕がいくつもありましたが、実際ホテルのテレビにNETFLIXが見られるように入っていました。

何か契約をされているんでしょうね。

 

立地抜群のホテル The Brunei Hotel

こちらがホテルのロゴ。1957年からあるホテルなのでしょうか。

ということは、イギリス統治下から営業をしているホテルなんでしょうね。そういう意味ではとても古くからあるホテルです。

カウンター

立地抜群のホテル The Brunei Hotel エントランス

そんなに大きいホテルではないので、カウンターはやや小さめ。

多くても常時2人くらいしかスタッフは立っていません。

 

立地抜群のホテル The Brunei Hotel エントランス

ロビーは広々としているため、あまり他のお客様と触れ合うようなこともなく・・・。

 

立地抜群のホテル The Brunei Hotel ソファ

のんびりとソファーでもくつろげます。

なんだかブルネイの時間というものが、日本の時間とは違うな〜と感じました。

室内

ベッド周辺

立地抜群のホテル The Brunei Hotel ベッドルーム

シンプルなベッドとベッドサイド。

からしっかり陽が入って昼間は電気をつけなくても明るい室内。

2階の部屋だったので、さすがにカーテン開けたままだと向かいの通りから室内が見えてしまいそうだったので、レースのカーテンは開けないでいましたが、十分。

デスク廻り

立地抜群のホテル The Brunei Hotel 室内

デスク廻りは、こんな感じです。

デスクの上に電源があるので、とても便利。うちは当然電源の変換プラグと変圧器は必ず持っていくのですが、一緒にいく主人と2人分のスマホと充電バッテリー、iPadやモバイルWi-Fiなど、とにかくたくさん充電をするので、デスクのところに電源があるのはとても助かります。

デスク廻りにない場合も結構あって、ベッドサイドにそのゴチャっとした充電をしなくてはいけないこともあります。

 

洗面台

立地抜群のホテル The Brunei Hotel 洗面所

こちら洗面台です。さっぱりしたデザインの洗面台です。ドライヤーは備え付け。

トイレ

立地抜群のホテル The Brunei Hotel トイレ

洗面所の横にはトイレがあります。

ちょっとこちらのトイレに難がありました。

あまりよく流れなかったんです。もちろんここの国でもトイレットペーパーは流してはいけません。

だけど突然溢れても怖いので、2日目の朝まで同じ状態ならホテルのスタッフに言おうと思いましたが、なかなか流れないからずっとボタンを押し続けると突然「ゴーーーーーー」という音と共に流れていくという怖いトイレでした。笑

シャワー

立地抜群のホテル The Brunei Hotel シャワー

シャワーのみです。バスタブはありません。

だけど東南アジアでバスタブはほぼありませんし、私たちは特に旅行中は必要性を感じないので、全く支障はありません。

過去、海外旅行でバスタブのお風呂に入ったのは、ニューヨークに行った時に時差ぼけで明け方に何もやるこちがなくて、寒かったので朝4時からバスタブにお湯をはってお風呂に入ったくらいしかありません。。。笑

 

あ、あとかなり前に宿泊したクアラルンプールのリッツ・カールトンで、とにかく広いバスルームを持て余して、取り敢えずお湯を張ったけど、1回だけで終わったな。。。

 

The Brunei Hotelブルネイホテル)

URL:http://thebruneihotel.com/

朝ごはんはブルネイ川沿いのSeri Indah Restaurantで @ ブルネイ

私の宿泊したホテルは、バスターミナルの近くだからか、朝から営業していて朝食を食べられるお店がいくつもありました。

ブルネイの朝食はカフェで

朝ごはんは川沿いのSeri Indah Restaurantで @ ブルネイ

ウロウロ歩いてみると、結構朝からやっているお店があったので、ちょっと人の出入りがあるお店を選んでみました!

やっぱり朝から人の出入りがあるお店は繁盛しています。

 

店内の様子

朝ごはんは川沿いのSeri Indah Restaurantで @ ブルネイ

お店の中はこんな感じ。

東南アジアや台湾・香港などへの旅慣れしている方は、こういう入り口にはドアがなく奥に長いタイプのお店は結構馴染みがあるのでは??

それも掃除しやすいためか、内装がタイルばり。

ただ、ここのお店の特徴的なのはこのピンク色がアクセントになっているカラーリング。

さらに、椅子が結構派手目なグリーンという、日本だったら中高生向けの原宿のお店とかでないと、やらないようなカラーリングがなんともすごい。w

 朝7時過ぎで、テイクアウトの人もいて、こんなに混み合っています。

メニュー

朝ごはんは川沿いのSeri Indah Restaurantで @ ブルネイ

こちらがメニュー。

KOPI(甘いミルクコーヒー)0.7ブルネイドル(60円弱)という、価格帯です。

さすが地元に愛されるお店。

 

朝ごはんは川沿いのSeri Indah Restaurantで @ ブルネイ

お店のテーブルの上には、調味料や水、ティッシュペーパー、なぜか卵が置いてあります。

多分茹で卵だと思いますが、食べたら食べた分だけお金が取られると思われます。

ちなみに料金は後払い。

 

2020年元旦の朝食

MEE HOON GORING

朝ごはんは川沿いのSeri Indah Restaurantで @ ブルネイ

Mee:麺、Hoon:ビーフン、なので炒めたビーフン麺といった感じの名称でしょうか?ちょっと辛めでした!

まあ、東南アジアの辛いものと考えれば、まだ序の口!?

スープは結構茶色い感じですが、味は濃い感じではありませんでしたよ!

ROTI TELOR

朝ごはんは川沿いのSeri Indah Restaurantで @ ブルネイ

ネットで調べるとTELORというとどうも「フレンチトースト」みたいなものらしいのですが、マレーシアやブルネイで食べられる「ロティ」と卵を一緒に焼いたもののようです。

少し塩味はしますが、そのままだと味が薄いです。

そこに具があまり入っていないカレーと一緒に食べますが、これが意外とお腹いっぱいになるんですよ。

朝ごはんと考えると、これくらいでいいかも。

 

実はこれは2020年元旦の朝ごはんだったのですが、ブルネイ自体、あまり年末のカウントダウンやニューイヤーのお祝いみたいなものがほとんどなく、当然元旦の朝も普通の朝とほぼ変わらずといった印象でした。

 

KOPI & TEA

朝ごはんは川沿いのSeri Indah Restaurantで @ ブルネイ

甘いコーヒーと甘いミルクティー

東南アジアでは、甘くてミルクが入っているのがデフォルト。

ブラックなど甘くないものを注文するんであれば、そのように注文しないと基本このような状態で出てきます。

現地ではこの甘いコーヒーやミルクティーを飲みます。

長期間滞在したら、確実に太って行くこと間違いなしです。笑

 

Seri Indah Restaurant