美味しいもの探しの海外旅行街歩き!chiyoの旅

海外旅行好きのchiyoの旅行Blog!役に立った情報・商品などもご紹介!!

路上でネパールのお祝いスイーツ「ヨマリ」を食べてみた!@ カトマンズ

12月31日の夕方、タメル地区をブラブラと歩いていました。

 

人だかりが出来ている!

人だかりが出来ていると、気になりますよね!!

それも現地の人たちばかりなんです。

覗いて見ると、売っていたのは食べるものらしい。

路上でネパールのお祝いスイーツ「ヨマリ」を食べてみた!@ カトマンズ

人だかりが出来ているだけでなく、みんな商品を購入し、食べているではないか!!

人だかりになるほど、美味しいのか!?

 

写真の黄色っぽいものは、どうもカレーっぽいものらしい。白っぽいものは何だ???

 

ネパールのスイーツ、ヨマリだ!!

路上でネパールのお祝いスイーツ「ヨマリ」を食べてみた!@ カトマンズ

実はネパールの事を調べている時に、この「ヨマリ」の存在を知っていました。

この外側が白玉みたいなモチっとしていて、中身が中華まんの「あんまん」のような味のあんが入っています。

蒸して作るので、温かい状態でもらって食べると、これが美味しい!

和菓子みたいな甘さがしつこくなく、何だったらもう1個食べてもいいかもと思うくらい。

 

このヨマリですが、ネワール族がお祝いの時には必ず用意するお菓子なんだと言います。

ネワール族とは

ネワール族は主にネパールのカトマンズ盆地一帯に居住する民族。ネパールでは人口で5.48%(2001年)。6番目の民族である。

wikipediaより

このカトマンズに多く住む民族がネワール人なので、タメル地区でこういったお菓子を食べることができるのでしょう。

現地のネワール人にとっては「わ〜、ヨマリが売っているよ!」みたいな感じなんでしょうか。

男性たちもこぞって買っていっていました。

ちなみにヨマリ1個で80ルピー(約90円)。

 

日本で言うと、「今日は特別だから1,000円のパフェ食べちゃった!」みたいな感じでしょうか??笑

 

露店の後ろは青空キッチン

路上でネパールのお祝いスイーツ「ヨマリ」を食べてみた!@ カトマンズ

そこで売っているものは、全てその場で作られたもの!

女性たちが一生懸命作っています。

後から知ったのですが、この女性たちが着ている黒地に赤の縁取りがされたものは、やはりネワール族の服のようです。

 

ネパールにはたくさんの部族がいますが、多分違う部族の食べ物を作って売ったり、違う部族の洋服を着たりはしないと思うので、この調理をしている女性たちは「ネワール人」なんだろうなと思います。

 

私たち西暦での大晦日はネパールの大晦日ではない

ネパールの暦は、私たちのような西暦ではありません。

なので、私たちが思っている12月31日大晦日は、ネパールでは特別な日ではありません。

なので、ヨマリを売るのは「ネパール人」に向けてではなく、タメル地区にいる外国人に向けて売っているのかと思われます。

実は毎日売っているわけではなく、その日だけそこで売っていました。

 

もし年末年始にカトマンズに行く事があれば、ヨマリを大晦日に食べにいってみてください。

タメルチョークから北側へ徒歩3分くらいです!