美味しいもの探しの海外旅行街歩き!chiyoの旅

海外旅行好きのchiyoの旅行Blog!役に立った情報・商品などもご紹介!!

上海 南京路步行街の朝は早い! @ 上海

中国の朝は

 中国人はもちろん、中華系の方がいる国の朝は、とにかく早いんです。

そして、広場(公園)で朝から体を動かすのが好きです。

それは、台湾・香港などにも共通して言えます。

 

南京路步行街の朝は

南京東路にある歩行者専用のエリアがあるのですが、普段は両側に店舗が営業しているのですが、さすがに朝7時頃だとほとんど開いていません。

その店舗が開いていないので、あまり人がいないと思いきや、やっぱりここは中国。

上海 南京路步行街の朝は早い!

車が通らない場所なので、みなさん公園がわりに銘々に運動をしていたり、犬のお散歩をしていたり、お年寄りが談笑していたり、ベンチに座って朝食を食べている人がいたり。

 

自由すぎる人々

上海 南京路步行街の朝は早い!

店舗のガラス戸に吸盤でくっつけてネットを張り、バドミントンをする方々がいたりするあたりは、なかなか日本にはない発想。

いや〜、自由すぎる。笑

 

太極拳スペシャリスト?

上海 南京路步行街の朝は早い!

中華系の方々は、朝公園などで太極拳をやる光景はよく見られることです。先にも書きましたが、台湾や香港でもよく見られます。

ですが、こんなに衣装を着て道具を持ち寄ってやっているのは、見たことがありません。

このスペシャリストチームの年齢層は高めなのですが、かなりの年数をやっていらっしゃる方も多いのかヨタヨタの老人って感じではないんです!

 

この全体練習が終わると、個別に先生に道具(剣みたいなものとか)を使った「型」を教わったりするんです。

朝のラジオ体操レベルだと思っていたら、道場レベル。笑

いや〜、驚きました。

 

ただ、そこまでのレッスンを観光地の歩行者専用道路でやるか?と思ったら、こちらもまた自由すぎる人たちなんだな〜とおかしくなってしまいました。笑

 

上海 南京路步行街の朝は早い!

こちらのグループは私が他の地でよく見かけた、公園などに集まって朝の体操感覚で太極拳を楽しむ方々。

手をぶらぶらしているだけの方もいるし、健康促進という意味ではこのレベルでもいいのかもしれませんね。

 

どちらにしても、とにかく朝早くから家を出て、ここへ集まり体を動かしているわけです。

私は旅行の時は割と早起きです。

 

だけど普通の生活の中で、中華系の方々のように朝から体を動かすという方が断然健康にはいいですよね。

見習わなくては!!!

 

南京路步行街

上海の朝食は中国のジャンクフードで!!@ 上海

アジアでの朝食は、ほとんどホテルでは食べません。

というのも、外で食べたり買ったりする習慣のある国が多いため、それを楽しみに朝はホテルから出て朝食探しをします。

 

上海の中心街では「肉まん」が人気!

老盛昌湯包

上海の朝食は中国のジャンクフードで!!

ちゃんとしたレストラン自体も人気があるようなのですが、南京東路からすぐ入ったところにあるからか、1階にある売店も人気で、目の前で蒸している肉まんを求める人の列ができています。

ここは現金のみらしく、みんな現金片手に肉まんが蒸しあがるのを待っています。

並ぶのが苦手だと思っていた中国の人も、しっかり並んでいましたよ。笑

 

上海の朝食は中国のジャンクフードで!!

肉まんはスーパーのビニール袋のようなものにダイレクトに入れられます。

蒸しあがったばかりの肉まんなので、とにかく熱々!!

 

上海の朝食は中国のジャンクフードで!!

出してみると、こんな感じ。

日本の中華街で売っているような大ぶりのものより、どちらかというとコンビニで売っている小ぶりな肉まんに近い大きさ。

 

上海の朝食は中国のジャンクフードで!!

こちらの肉まんのあんはこんな感じ。あまり野菜はたくさん入っていなくて肉!という感じ。味付けは少し甘めです。

形も横から見ると少し潰れたような形で横広がり。

皮も甘みがあり、蒸しあがったばかりだからフカフカ!!

 

 

さてさて、これだけでお腹がいっぱいになるはずもなく、次に行ってみよう!!

と言うのも、こちら1軒ではないので、食べ比べして見たいと思いました。

 

店名不明

上海の朝食は中国のジャンクフードで!!

お店の名前は不明なのですが、下記のお店「浏阳蒸菜」の2軒ほど隣のお店。

この狭い店内で作って、店内で蒸して売っています。しっかり手作り!!

だいたい肉まん1つ1〜1.5元(17〜30円程度)なので、安いですよね。

日本だと、どうも「工場」で完璧な物が作られてきて、コンビニなどで売られているイメージですが、目の前で作られる手作り感が私は好きです。

(人によっては衛生的に・・・と言う方もいますが、そんな気持ちでは海外での食は楽しめない!!)

 

上海の朝食は中国のジャンクフードで!!

こちらのお店も蒸しあがるまで、待つ人あり!!

きっとみなさん「お気に入りの肉まん屋さん」があるのか、上記「老盛昌湯包」は女性のお客さんが多かったのに対し、こちらは男性が多いのが特徴でした。

 

上海の朝食は中国のジャンクフードで!!

こちらがここのお店の肉まん。

こちらの肉まんは、どちらかと言うと丸い感じ。あまり平たい感じではありません。

確かにお店によって、味が全然違います。

こちらのお店の方が甘みは少なく、お肉の味がしっかりする印象です。

 

朝ごはんの定番?中華風クレープ

浏阳蒸菜

上海の朝食は中国のジャンクフードで!!

普通のレストランが、朝はこういった朝ごはん用の物を売るお店も結構あります。

こちらでは、中国や台湾で朝食の定番「中華風クレープ」のお店。

こちらは少し厚手のクレープに卵、ネギ、オイスターソースのようなタレを塗り、そこへ油条(お粥などに入れる揚げパンのような物)をそのまま入れて、ぐるんと巻いたもの。

 

上海の朝食は中国のジャンクフードで!!

普段は蒸し野菜のお店らしいです。

きっともう少し後、ランチ時間帯にくれば、そちらが食べられるんでしょうね!!

朝はこの「中華風クレープの専門店」になっていました。

 

上海の朝食は中国のジャンクフードで!!

こんな感じ。どれもこれも、熱々なのに、ビニール袋に入れられて渡されます。

熱くて食べるのがちょっと大変なので、タオルなど持っているとそれで包むと持ちやすいかも。笑

中国の人たちは、あまりそんな素振りをしていなかったから、熱さに強いのかな???

 

上海ワールド・フィナンシャル・センターの展望台に上がってみた @ 上海

高層ビル群の中に、森ビルが運営・管理している「上海ワールド・フィナンシャル・センター」があります。

www.travel-chiyo.net

上海ワールド・フィナンシャル・センター

高さ492m。2013年9月現在世界第5位(中華人民共和国で第1位の高さ)の超高層ビルである。「最高フロア高さ」と「軒高」では台北101よりも高く、ブルジュ・ハリーファに次いで世界第2位である[1]。当初、完成すれば台北101が完成するまで世界一の高さとなる予定であったが、後述の事業凍結を挟んだ事で、結果的に世界1位の座は獲得できなかった。但し、展望台の高さ(地上474m)はブルジュ・ハリーファ竣工後も世界一を誇る。

wikipediaより

上海ワールド・フィナンシャル・センターの展望台に上がってみた

これだけ高層ビルがたくさんあるんだから、どれかには上がりたいなと思ったので、やっぱりそこは日本人。森ビルさんに行ってみようではないか!!!

まず、展望台の入り口を探してください。

ビルの低層階はショッピングモールになっていますが、その中から入るのではなく、一旦外へ出て、展望台専用の入り口があるので、そこから入ってください。

ちょっとわかりにくいかも・・・。

 

入場券が必要

上海ワールド・フィナンシャル・センターの展望台に上がってみた

上海ワールド・フィナンシャル・センターの展望台「SHANGHAI EYE」には94階、97階、100階に行かれるのですが、各フロアによって価格が違います。

100階に行くチケットを持っている人は、他のフロアには行かれます。

多分ほどんとが100階まで行くと思います。

ちなみに100階まで行くチケットは180元(3,200円程度)と、結構しっかりしたお値段をとります。

 

94階

上海ワールド・フィナンシャル・センターの展望台に上がってみた

耳がキーンとして耳抜きをしないといけないくらいの高速エレベーターに乗り、94階まで上がってきましす。

18時30分くらいに上がって行ったので、だんだん暗くなってきました。ちょうどマジックアワーか??と思っていましたが、ちょっとガスってしまっていて、遠くまで見えないのが残念。。。

 

100階

上海ワールド・フィナンシャル・センターの展望台に上がってみた

中心街とは反対側を見ると、これはこれですごい!

集合住宅がずらっと並んでいるんですよ。

そりゃそうですね。これだけの大都市と高速ビル群に仕事をしに来る人たちだって生活がありますから、これだけの人を住まわせる住宅が必要なわけです。

 

夕暮れ時の高層ビル群

上海ワールド・フィナンシャル・センターの展望台に上がってみた

すぐお隣は仏塔をイメージして作ったビル「金茂大厦」を上から見ることができます。

段々暗くなってきて、イルミネーションが綺麗になってきます。

この時間帯は狙って行ったわけではないのですが、結構オススメ!!!

 

夜の高層ビル群

上海ワールド・フィナンシャル・センターの展望台に上がってみた

各ビルの照明が美しく、結構ロマンチック!!

展望フロアもこの風景を楽しむため、暗くしてあるので観光客に混じってカップルもちらほら見られました。

 

上海ワールド・フィナンシャル・センターの展望台に上がってみた

この高層ビル群の横を流れる黄浦江という川が、またイイ感じ!!

夜にはうっとりする風景が堪能できますよ!

ただ、雨や霧だと見えないかもしれないので、お天気には気をつけて。せっかく3,000円以上払ったのに見えない!なんていうとガッカリなので。

 

帰りは少し歩いて地下鉄で

上海ワールド・フィナンシャル・センターの展望台に上がってみた

「陆家嘴」という駅から2号線に乗れば、1駅で「南京東路」に到着します。

もちろん川も渡ってしまうので、簡単に外灘側に到着してしまいますね!!

www.travel-chiyo.net

上海ワールド・フィナンシャル・センター(上海環球金融中心

所在地:上海市浦东新区陆家嘴世纪大道100号

URL:http://swfc-shanghai.com

浦東の4大高層ビル・タワー @ 上海

東方明珠塔

浦東の4大高層ビル・タワー @ 上海

地元のシンボル的なタワーです。こちらはただのタワーでなく、ちゃんとテレビ塔としての役割があるんですよ!

日本でいうと東京タワーやスカイツリーみたいな感じでしょうか?

観光の人たちが訪れることが多いようです。

 

上海タワー、金茂大厦、上海ワールド・フィナンシャル・センター

浦東の4大高層ビル・タワー @ 上海

右側から

上海タワー

世界で第2位の高さを誇る高層ビルです。こんな高層ビルですが、118階の展望台まで世界最速のエレベーターで55秒で行けるんだとか。すごい。。。

金茂大厦(ジンマオタワー)

仏塔をイメージした建物が目を引きます。この建物の中には「グランドハイアット上海」が入っているそう。宿泊費もお高いんでしょ!?笑

これを見て、クアラルンプールの「ペトロナスツインタワー」を思い出しました。(^^)

上海ワールド・フィナンシャル・センター(上海環球金融中心/SWFC)

 なんとこのビル、日本の「森ビル」が開発・運営をしている建物なんです。こちらは低層階の方にはレストランが、中・高層階には「パークハイアット上海」や「100センチュリー・アヴェニュー」というレストランなどが入っているそうです。

こちらも、宿泊費や飲食代はお高そうですね。笑

 

4大高層ビル・タワー以外にも・・・

浦東の4大高層ビル・タワー @ 上海

もちろん4大高層ビルはすごいのですが、ここの地域のすごいところは、この地域に高層ビルやショッピングモールがたくさん連なっており、そこを繋ぐ通路が巡らされていること。

地上は道路に多くの車が走っているので、歩道橋のように高いところに通路が巡らされているため、とにかく歩きやすい。それもものすごい距離なんですよ。

地下鉄の駅1つ分では収まらないくらいの距離はあります。

 

 浦東の4大高層ビル・タワー @ 上海

この周辺は金融街でもあり、銀行の建物も多くみられます。

正面の小さい建物はショッピングモール。

とにかくこの地域にいると「ビルがひしめき合っている」といった印象を受けます。

日本だって東京なら新宿、六本木、渋谷、池袋など高い建物が多く建っている地域には何度も行ったことがありますが、この地域ほど圧倒される感じはないですね〜。

 

浦東の4大高層ビル・タワー @ 上海

ビルの入り口にはこんなアート作品を配置するなど、ビルのみ出なく、この遊歩道を歩く人たちの目を楽しませるような工夫をしています。

多くの資金が投入されているんだろうな、ということが想像できます。

さすが中国。やることがでっかい。。。

ディズニーストアも

浦東の4大高層ビル・タワー @ 上海

どうも中国というと「バッタ物」を売るという、なんとも嫌な固定観念を持っているのですが、上海には公式のディズニーストアだってあります。

ディズニーストアの前にはミッキーの形をした花壇や、時計台があります。

そりゃそうですよね。上海にはディズニーランドだってあるんですから。

失礼いたしました!

上海の夕日も美しい

浦東の4大高層ビル・タワー @ 上海

ちょうどこの地域に来たのが夕方でした。

 

浦東新区

黄浦江を渡す外灘観光隧道はまるで遊園地! @ 上海

外灘から黄浦江(川)を渡って、高層ビル群のある浦東方向へ行くには、いくつか方法があります。

一番簡単なのは「南京東路駅」から2号線に乗って行くのが安くて早いです。

その他にはフェリーという方法も。こちらも安いようです。

 

ですが、外灘から「外灘観光隧道」というトンネルを通っていくという方法もあります。

観光なら、是非こちらをオススメしたい!!

外灘の公園近くにある入り口から地下へ

上海外灘観光隧道(トンネル)

当然ですが川を渡るトンネルなので、地下へと降りて行きます。

地下鉄に乗るみたいですね。

 

チケット売り場でチケットを購入

上海外灘観光隧道(トンネル)

チケットを購入します。

大人1人片道50元(約850円)。往復だと少し安くなって70元(1,190円)。

地下鉄やフェリーに比べるとかなりお高めなので、現地の人は使わないと思います。

と言っても、上海は地方から来た中国人でいっぱいですので、チケット売り場には中国の人がたくさん並んでいます。

並ぶマナーが比較的しっかりしている日本人にとっては、少しイラッとすることもしばしば。だけどそこは中国なので。。。笑

 

ボックス型の乗り物に乗って移動!

上海外灘観光隧道(トンネル)

なにやらボックス型の乗り物(?)が行ったり来たり。

それも、怪しげな光の中へ吸い込まれて行くではありませんか。笑

 

ボックスへ乗り込む

上海外灘観光隧道(トンネル)

この乗り物には折りたたみの椅子が付いていますが、基本立って乗るものです。

ある程度人数が乗らないと発進しませんが、結構ガラガラの状態でも出してくれます。

チケット売り場はすごく並んでい今したが、実際乗る人はそんなに多くないようなので、乗るのには並ばないで乗れました。

 

さて、一番前の席を陣取り、出発進行!!

 

上海外灘観光隧道(トンネル)

トンネルの中は色々な電飾や照明で、深海なのか宇宙なのか、それっぽい感じを演出しています。(小さなお子さんだと暗い中を走るので、ちょっと怖がってしまうかもしれないので、ご注意ください!)

 

この乗り物自体は線路のようなところを走るのですが、太いワイヤーで引っ張って動いているようです。

この乗り物は「移動手段」というよりも「遊園地の乗り物」みたいな感じなので、スピードはゆっくりです。

ですので、お急ぎの方は地下鉄をご利用ください。

 

動画を撮影してみましたので、是非こちらをご覧になってみてください。

なかなか笑えます。

 


上海外灘観光隧道(トンネル)

外灘観光隧道(Bund Sightseeing Tunnel)

所在地:上海市黄浦区外滩中山东一路349号 邮政编码: 200000

外灘から浦東を臨むと抜群の眺め! @ 上海

上海に行くまでは、正直「中国って言ったって、香港にはかなわないでしょ〜」と思っていました。

そう、ナメていました。

銀座のような「南京東路」を東の方へ歩いてくると、外灘に到着します。

 

外灘から臨む浦東のビル群

外灘から浦東を臨むと抜群の眺め! @ 上海

この風景です!

高層ビルがいっぱい!!

この通りの向こうに黄浦江(川)沿いに公園が広がっています。

上海の観光スポットではあると思いますが、デートスポットでもあるようで、あちこちにラブラブなカップルが自撮りしていました。笑

こんな風景の前ですが、川が流れているため緩やか〜な時間が流れている感じがするんですよね。

 

外灘から浦東を臨むと抜群の眺め! @ 上海

その公園から見ると、なお一層はっきり見えてきます。

近未来都市みたいですよね。

 

高層ビルと言ったって、四角いビルだけではなく、高層になればなるほど変わったデザインのビルが建っています。

各ビルに関しては、別のブログで書こうと思いますが、球体ばくっついていたりねじれたビルだったり、面白いですよね。

 

それと同時に、すごいな〜と思いました。

そして川を背にして振り返ると、歴史的な建物がずらりと並んでいます。

外灘から浦東を臨むと抜群の眺め! @ 上海

ここの川沿いは、どっちを見ても観光名所なんです。

だから上海で、お時間がないという方がいらっしゃったら、まずはここに来ることをオススメします。

ガイドブックに載っている内容が、1ケ所でたくさん満喫できる場所です。

 

今回は昼間のお写真しか掲載していませんが、夜は夜でとてもキラキラした風景になり、ますます「デートスポット」感が増しますので、それもオススメです。

ディナーが済んだら、ここの公園でブラブラなんてのもいいですね〜。

 

外灘をぐるっと見回した動画


2018.05.03 上海 外灘から浦東の高層ビル群を臨む

この外灘の川辺に立って、ぐるっと見回してみました。

このビルがたくさん建っているのは、この正面だけじゃないのがお分かりになると思います!!

 

上海 外灘

所在地:上海市黄浦区外滩中山东一路 邮政编码: 200000

上海の名物ヨーグルト「上海老酸奶」@ 上海

上海には名物がいくつもあります。

お料理だったりお菓子だったりしますが、
みなさん、中国で「ヨーグルト」ってイメージありました???

 

直訳すると「古いヨーグルト」?????笑

上海の名物ヨーグルト「上海老酸奶」

「老酸奶」をGoogle翻訳にかけると「古いヨーグルト」と訳しますが、別に古いわけではありません。笑

「伝統的な」ということらしいです。

インターネット上で色々調べてみると、大昔から宮廷で食されていたほど古くから中国で食べられていたようです。

それを上海で「名物」にしたようです。

 

南京東路など観光客が多く行き交う場所の店頭では、写真のような白い容器に入ったヨーグルトが売られ、行列ができていました。

 

上海の名物ヨーグルト「上海老酸奶」

どこにも行列ができていて、ストローをつけてくれて飲むようになっています。

上海の名物ヨーグルト「上海老酸奶」

ストローを飲むためにつけてくれるんですが、意外にも濃厚で日本で売っている「ヨーグルトドリンク」みたいにサラサラではなく「ストローよりスプーンをつけて欲しい」と思いました。笑

それと、ヨーグルトというとしっかり冷えているのかと思ったら、なんと常温!

これも中国ならではなのでしょうか??

(冷たいものは体に悪い???)

 

あまり甘くないもので、色々な意味で思っていたものとは違いました。

まあまあ酸味もあり、それ自体は美味しいものでしたが、飲み物と思っていたら食べるヨーグルトのように濃厚だし、甘いと思っていたら甘くないし、冷たいと思ったら常温だし・・・

想像したものからかなりかけ離れていたため、ちょっとびっくりしました。

 

だけど3個入りなどを買っていく人もいるので、現地でも人気なのかな!?